ストレッチ素材作業服

ストレッチ素材の作業服を作るのに必要な繊維とは?

ストレッチ素材の作業服とは? > ストレッチ作業服に使われる素材とは

作業服などに使われるストレッチ素材とは?

ストレッチ性を求める要因は伸縮性、弾力性に富んだ機能として特に作業服ユニフォ―ムには重要な素材の一つです。

ただし基本的にはストレッチという素材は存在しておらず、ナイロンやポリエステルの加工糸とポリウレタンとの混紡素材で作り出される素材で一般的にポピュラー化されているのです。

特にポリウレタンは別名スパンデックス、オペロンと呼ばれ、通常の繊維素材と比べると特に伸縮性(ストレッチ性)と弾性回復性に優れています。
一般衣料用途にまで幅広く使われています。

いろいろなストレッチ素材の特性

また、最近ではストレッチ性素材の多様なニーズに対応するために開発された「PTT複合繊維」というのがあり、ポリエステルとナイロンの中間的な複合繊維です。
従来のストレッチ素材に比べ、優れたストレッチ性とストレッチバツク性を併せ持っています。

さらに、物性面においても防汚性の高さ・耐久性に優れていて適度な伸縮性、ソフト感を兼ね備えているのでユニフォ―ムや作業服のフィツト性に適した素材として高く評価されています。

例えば、東レ ライラクファイバーT400は、多くの素材メ―カーでそれぞれのブランドで展開されています。

多機能繊維としてポリエステル原糸を特殊複合し、熱処理によってスプリング状に捲縮します。

結果としてストレッチ性が生まれ、ハリ・コシ・反発性を持つ扱い易い素材として特化しました。

▲ TOP へ