ストレッチ素材作業服

ストレッチ素材の作業服のメリット

ストレッチ素材の作業服とは? > ストレッチ作業服のメリット

ストレッチ作業服のメリット:1 『動きがスムーズ』

生地自体が体の動きに合わせて伸び縮みすることにより、大きく体を動かしてもツッパリ感がなく、とても動きやすく着心地のいいことが最大のメリットです。
普段あまり気にならない小さな引っ掛かりでも、ユニフォームのように毎日長時間ご着用になる衣類では、小さな不快感が少しずつ蓄積して疲労になります。
ブカブカとした衣服内の空間で余裕を作るのではなく、作業服のストレッチ性で稼動域を確保することにより、服を機械や建材に引っ掛けるようなケアレスミスを減らすことができ、安全性がアップします。

ストレッチ作業服のメリット:2 『疲労軽減』

服につられて無理な姿勢を取ることがなくなり、体の疲労も軽減されます。
特に、デスクワーク中心の事務関係のお仕事の方には、肩・腰・肘・膝のよくこりやすい関節部分が楽になったとお声を頂いたり、、荷物の上げ下げなど腕回りの動きや屈伸運動の多い作業者からは、冬の関節痛が減ったなどのストレッチの効果を良く耳にいたします。

ストレッチ作業服のメリット:3 『お洒落を楽しむ』

動きの大きな現場では、従来選んでいただくことができなかった細身でスタイリッシュなデザインの作業服やノータックパンツも、「ストレッチ素材作業服」を選んでいただくことで快適に作業することができ、企業イメージを重視して作業服を選んでいただくことができます。

ストレッチ作業服のメリット:4 『形状安定』

また、ストレッチ生地には伸びたあともとの状態に戻ろうとする反発回復性があります。
この回復性により、ポリウレタン混紡の素材にはしなやかなドレープ感やハリ感・コシ感が生まれ、仕立て栄えがするというメリットがあります。
回復性により、皺の寄った状態になっても元の状態に戻ろうと働くので、皺になりにくく皺がついてもとれやすいというメリットがあります。
そのため、最近では大きく体を動かす作業服だけではなく、事務服のブラウスやクールビズシャツなどのオフィスウエアでも、この防皺性と肩の負担軽減のため、ストレッチ素材の生地を使用した製品が人気になっています。

▲ TOP へ